「お餅」の食べすぎやばい…!!脱・お正月太り!

新年あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます!

 

皆さんはお正月はお餅を食べられる予定はありますか?

今日は「お餅について」お話しようと思います。

お雑煮にしてもう食べたよという方もみえますか?

正月にお雑煮を食べるのは年中行事に年神様にお供えしていた農作物などを煮て食べた事から始まったとされています。

年神様の恩恵を頂くという意味で一年無事に過ごせますようにと、またお餅はよく伸びるので長生きできるようにという祈りが込められているともいわれています。

色々な具材を混ぜて煮る事から雑煮といわれるようになったようです。

 

さて、お餅はもち米から作られていますが白米とは違いアミロペクチンという消化酵素が浸透されにくいでんぷん質が20%ほど含まれ胃腸にとどまる時間が長いです。胃腸に負担をかけずにゆっくりとエネルギーに変換していきます。

お餅を食べると白米と同様に運動する時のエネルギーとなり、特に長時間運動する前に食べると白米より更に運動の後半もエネルギー不足になりにくくなります。

腹持ちが良いのでお餅を食べれば満足感があり、他の間食を抑える効果もあります。

 

普通の白米 茶碗一杯(150g)で約250kcal

切り餅 2個(100g)で約230 kcal

なので切り餅3つ食べてしまうと白米お茶碗1杯よりカロリーが多くなるのでお餅がおいしいからと食べ過ぎは注意です。

 

お餅の食べ方は色々で磯辺焼きにしたり、あんこ餅にしたり、きな粉餅にしたりして食べますね。

炭水化物と蛋白質が含まれていますので運動前後の補食として適しています。

ダイエットしている方はお餅と野菜など一緒に煮る雑煮がオススメです。

野菜に含まれる食物繊維と一緒に食べることで急激に血糖が上昇するのを抑制して脂肪をつきにくくします。

 

年末年始は御馳走がならんで食べ過ぎてしまうことがあります。

食事に気をつけて、また食べ過ぎてしまったらしっかり動いてカロリーを消費していきましょう!

 

マイトレは4日から営業していますので、是非ご利用ください!